縁のある地で挙げた結婚式の写真とその地の歴史を見ながら記事を書いてみたいと思っています。勝手な歴史考察を含めてなので間違いがあるかも知れないので、まるのまま信じないでね。本サイトはプロフィールページにリンクがあります。
by furusatodiscovery
タグ
画像一覧
メモ帳
ブログランキングです。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村



結婚式・ブライダル ブログランキングへ
お気に入りブログ
記憶に残った1枚|結婚式...
東に向かえば海がある
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新の記事
幕末の伊豆で起きたロシア人と..
at 2015-10-30 21:45
赤坂という土地を見ていて江戸..
at 2015-09-29 20:05
海の幸と航海に彩られた沖縄の..
at 2015-09-10 22:44
桃源郷かと見まごう場所で福島..
at 2015-08-20 13:48
江ノ島は陸から離れたから良か..
at 2015-06-21 17:49
記事ランキング
カテゴリ
全体
福島
茨城
埼玉
東京
千葉
神奈川
静岡
長野
広島
沖縄
未分類
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
ブログパーツ
青山通り表参道交差点
c0365516_2284838.jpg

表参道。
昨日に引き続き、お洒落スポット。
ここの歴史はあまりにも新しいのです。
表参道とはどこの参道かと言えば明治神宮の参道となります。
長い長い参道の両脇には30年以上も前から色々なお店が出来ては無くなりを続け、それでもいつの年代もお洒落スポットとして、その賑わいは衰える事がありません。
考えてみれば不思議なもので神社の参道が若者のお洒落スポットなのです。
とは、言っても表参道を神社の参道だと思って歩いている人はほとんど居ないのではありますが。。
表参道がいつ出来たかと言えば大正8年、明治神宮への参道として整備されました。翌年には並木が植樹され、今の原型ができたか?と思いきや、古い絵などを見ると、まさに参道。当時の天皇の力を思い知る程の大きな参道を見るばかりで、今のようなお店が建ち並ぶ姿は想像もできないものです。
明治神宮そのものが大正になってから作られたものなので表参道が出来たのが大正であるというのは当然の話なのですが、その前はというと青山家の下屋敷であったり、松平家の屋敷があったりと武家屋敷などが並ぶ地域で目黒辺りは田んぼや畑ばかりだったと考えれば、青山は家が元々多いところと言えるかも知れません。
ちなみに今の表参道を青山から下りると明治通りへ出るのですが、明治通りが出来きたのはとても最近のようで100年前でも存在しておらず、今のキディーランドの隣にある遊歩道の下になっている川から先は1600年代は田んぼと畑、明治になって鉄道が敷かれても、まだノンビリとした風景が広がっていたようです。
江戸は末期になると世界でも有数の人口を誇る都市で50万人以上が登録され登録されていない武家人口を含めると推計では100万人を超えていたと言われているのですが、それでも今より遥かに少ないわけですね。
それに町人達の多くは下町の方で暮らしていたと思われますから、こちら山の手は少し違う感じだったのでしょう。

こうして表参道を通して明治、大正という激動の時代を眺めながら江戸時代に思いを馳せると
あの、のんびりとした江戸の時代に、この街を歩いてみたいなと思ったりします。








[PR]
by furusatodiscovery | 2015-04-10 23:10 | 東京
<< 鞆の浦。旅先で感じた事。 銀座はいつから銀座なの? >>