縁のある地で挙げた結婚式の写真とその地の歴史を見ながら記事を書いてみたいと思っています。勝手な歴史考察を含めてなので間違いがあるかも知れないので、まるのまま信じないでね。本サイトはプロフィールページにリンクがあります。
by furusatodiscovery
タグ
画像一覧
メモ帳
ブログランキングです。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村



結婚式・ブライダル ブログランキングへ
お気に入りブログ
記憶に残った1枚|結婚式...
東に向かえば海がある
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新の記事
幕末の伊豆で起きたロシア人と..
at 2015-10-30 21:45
赤坂という土地を見ていて江戸..
at 2015-09-29 20:05
海の幸と航海に彩られた沖縄の..
at 2015-09-10 22:44
桃源郷かと見まごう場所で福島..
at 2015-08-20 13:48
江ノ島は陸から離れたから良か..
at 2015-06-21 17:49
記事ランキング
カテゴリ
全体
福島
茨城
埼玉
東京
千葉
神奈川
静岡
長野
広島
沖縄
未分類
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
ブログパーツ
タグ:銀座 ( 1 ) タグの人気記事
銀座はいつから銀座なの?
c0365516_21282691.jpg

銀座と言えば、誰もが知っている日本有数の商業地域です。
高級なお店が並び、東京に数ある繁華街でも、銀座のそれは他とは違う雰囲気を街全体が醸し出しているように感じます。
では、銀座とは元々はどんな場所かと言えば
徳川家康が江戸城に入った頃はまだ江戸前島という砂洲だったのです。その先端あたりが今の銀座の場所となるようです。
幕府はその砂洲と江戸入江と言われた今の日比谷あたりの海を埋め立てる事業を始めました。
そこに職人達をおき、生産物を管理するという計画だったようです。
入江と砂洲の埋め立ては神田の山を削った土で33年の月日をかけたとか・・ずっと運んでたんですね。
そして出来上がった埋め立て地に銀を鋳造する職人を京都などから呼び寄せたました。
銀はとても価値のある金属で貨幣としても使われていました。それを作る職人を一カ所に集めて貨幣の掌握にでたというわけです。

ただ、どの時代もそうですが生きている庶民と権力の上にある人達の思惑は別の次元で動いている事が多く
そんな政治的な話とは無関係に、京都からやって来た職人達の出で立ちは江戸の人々を魅了したようです。
要するに最先端の(京都の銀職人の)ファッションが流行したわけです。
金銀を扱う、そしてファッション。すでにこの時代に今の銀座のあり方が見えて来るようです。

c0365516_2264753.jpg

明治に入り銀座はレンガの建物に変わります。
それは火事による焼失が原因で燃えない都市という目標の為にそうなったということです。
ただ、それは明治維新という政治的な話が大きく関わっていたのだろうな、と思います。
西洋化、文明開化などの象徴としては、ある意味ちょうど良かったと言うか・・。
そしてレンガ作りになった建物は家の値段が高価になって今まで居た人達で住めなくなった人達も多かったようです。代わりに商人達が入って来ましたと。。

400年前は老月村の人々が漁村として居たところに幕府の命令で自ら埋め立てをして・・そう考えると、月日が流れれば今の形はずいぶん変わる。
そういう事でしょうか。
ま、東京湾周辺は埋め立て地ですからね。








[PR]
by furusatodiscovery | 2015-04-09 22:21 | 東京