縁のある地で挙げた結婚式の写真とその地の歴史を見ながら記事を書いてみたいと思っています。勝手な歴史考察を含めてなので間違いがあるかも知れないので、まるのまま信じないでね。本サイトはプロフィールページにリンクがあります。
by furusatodiscovery
タグ
画像一覧
メモ帳
ブログランキングです。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村



結婚式・ブライダル ブログランキングへ
お気に入りブログ
記憶に残った1枚|結婚式...
東に向かえば海がある
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新の記事
幕末の伊豆で起きたロシア人と..
at 2015-10-30 21:45
赤坂という土地を見ていて江戸..
at 2015-09-29 20:05
海の幸と航海に彩られた沖縄の..
at 2015-09-10 22:44
桃源郷かと見まごう場所で福島..
at 2015-08-20 13:48
江ノ島は陸から離れたから良か..
at 2015-06-21 17:49
記事ランキング
カテゴリ
全体
福島
茨城
埼玉
東京
千葉
神奈川
静岡
長野
広島
沖縄
未分類
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
ブログパーツ
<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
鎌倉か。
c0365516_20554647.jpg


鎌倉!と言えば、源頼朝、鎌倉幕府。
でもなんで鎌倉を選んだんだろう?と
そこで少し調べると、どうやら地形的な優位性というのが一つの理由ではあるようだ。
鎌倉幕府とは言うなれば西からの独立。それは言い過ぎ?でも、朝廷支配から武士政治への変化の始まりであって、ここから700年くらいは武士政治が続いた事を考えれば画期的な権力の移行となったわけですね。
ま、このあたりは教科書の世界なので・・・。


c0365516_2056173.jpg


しかし、どうして東国?というところへ疑問が向かうと、平氏の姿があって、なんで平氏が東国?となると元々は平氏も皇族の臣下で、東国は朝廷の支配に置いては西よりも遥かに遅く、7〜8世紀にかけて渡来人達を東国に移住させるなど開発?支配?があって、そんなこんなで平氏が東国への配置が・・。

まぁ歴史の変遷とでも言いますか、思惑が凄い絡まり合って。うううう。

ちなみに日本列島において早いうちに律令制、中央集権を始めたのが奈良や九州辺りの西の方なのではありますが、東の方はその勢力が及ぶまでには時が経つわけで、7世紀頃から関東には手を伸ばしますが、それまでは「ヤマト」では全く無いのですね。
要するに関東や東北には原住日本人の生活が残っていたという事になります。


c0365516_20561877.jpg


そして、話を鎌倉にもどしますと、そんな列島支配の経緯から紆余曲折の末に源頼朝が幕府をしくわけではあります。
その頼朝によって陸奥の安倍氏は滅ぼされたりするわけで・・それまで朝廷による支配がいちおう列島に形の上で敷かれていたものの現実的な支配とは言い難かったものが頼朝によりほぼ統一されたと言える状態なのかなと。
どこかで何かが少し違って行ったりすると今の日本は平泉が中心だったなんて事もあったりするのかな?
いや、平泉も西の影響、大陸の技術を入れての事だから、同じかな?

それにしても、恐るべしは朝廷ですかね。
この武家政治の中で実質的な力を失っても消滅する事は無かったのですからね。
これがいわゆる政治力なのですかね。










[PR]
by furusatodiscovery | 2015-05-29 20:58 | 神奈川
伊豆高原の結婚式、その地はとても豊かな地であると。
c0365516_1738486.jpg

伊豆半島は遥か昔、およそ3000万年前に1000km以上も南でその土台が作られフィリピン海プレートに乗って年間数センチの速度で進み、200万年〜100万年程前に日本列島と合体を始めた地域だという。
もちろん今の伊豆半島の形で動いて来るわけでは無いのですよね。
海底火山や島の火山が噴火を続け吹き出した噴出物で形を変え今の場所に衝突し半島になったそうな。
海に浮かぶ火山群が本州と繋がって半島になったのだから100万年前〜50万年前はさぞかし活発な景色が見えたのでしょうね。

ただ、日本列島に人の痕跡を見つけられる現在の調査では最古が9万年前とされていますし、世界的に見ても100万年前は原人の状態なので、人類と言える形ではまだ無いですね。

10万年前の伊豆や箱根は山が出来たり湖ができたりと活発ですね。
この頃になると、そろそろ列島に住む人達が現れて来るので、当時の人達は凄いモノを見ていた事になります。


c0365516_17383679.jpg


伊豆半島では少し調べる限りでは3万年程前の遺跡が発見されていて道具を使う人達が現れているという事です。火山という事もあり黒曜石が取れるのできっと刃物などを作ったりは容易だったかも知れません。
ここで黒曜石なのですが、これが産地だけで使われたのでは無いようなのですね。
箱根でも伊豆半島でも取れた黒曜石なのですが、なんと神津島の黒曜石が能登半島で見付かったりするのです。(日本列島どころか大陸でも見付かっている?)
凄いですね、3万年近く前にどうやって神津島から黒曜石を運んだのでしょう?
ともかく黒曜石は当時の人達にとっては大切な石だったのです。
そして黒曜石は多くの人達を繋いで行ったとも言えるのかも知れません。というか・・・3万年も前にすでに人々の交流があるという事実が、やはり単なる大昔の原始人のような認識とは違うのだなと感じます。


c0365516_1739043.jpg


ところで、最近でも大湧谷の事などもあり、やはり動く場所なのだな。と思ったりするのですが、それと同時に自然の恵みを得られる場所なのだと言えると思うのですね。
非常にたくさんの温泉が出る場所が箱根、伊豆で僕も何度もお邪魔させてもらいました。いい湯です。
自然とは敬意と畏怖を持って相対するものだなと、動く列島、自然の恵みが豊富な列島の住民として思うのです。
まぁハイリスクハイリターンでは無いですけれど、そんな場所に住んでいるのです。
そしてハイリスクだけをローリスクにしようとするのはローリターンどころか、ノーリターンにするのだという事もそろそろ学ばねばなりませんね。








[PR]
by furusatodiscovery | 2015-05-28 17:41 | 静岡