縁のある地で挙げた結婚式の写真とその地の歴史を見ながら記事を書いてみたいと思っています。勝手な歴史考察を含めてなので間違いがあるかも知れないので、まるのまま信じないでね。本サイトはプロフィールページにリンクがあります。
by furusatodiscovery
タグ
画像一覧
メモ帳
ブログランキングです。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村



結婚式・ブライダル ブログランキングへ
お気に入りブログ
記憶に残った1枚|結婚式...
東に向かえば海がある
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新の記事
幕末の伊豆で起きたロシア人と..
at 2015-10-30 21:45
赤坂という土地を見ていて江戸..
at 2015-09-29 20:05
海の幸と航海に彩られた沖縄の..
at 2015-09-10 22:44
桃源郷かと見まごう場所で福島..
at 2015-08-20 13:48
江ノ島は陸から離れたから良か..
at 2015-06-21 17:49
記事ランキング
カテゴリ
全体
福島
茨城
埼玉
東京
千葉
神奈川
静岡
長野
広島
沖縄
未分類
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
ブログパーツ
氷川神社の力?
c0365516_20373982.jpg

埼玉県大宮市の氷川神社
なかなかの由緒のある神社です。
公式サイトによれば今から2千有余年前に第五代孝昭天皇の御創立とか。
現在の主催神は、須佐之男命と稲田姫命と大己貴命という事です。
そしてこの神様達は出雲大社と縁のある神様達という事になるでしょうか。
出雲と大和の系列は中々興味深いなと思ったりします。

c0365516_20375893.jpg

ところで、この地を例のごとく縄文海進の時代に当てはめてみると
またもや水の近くにあるのですね。
関東平野に入り込むようにあった海が入り組んだ入り江として大宮台地を囲んでいました。
現在の大宮駅はその半島とも言える土地の真ん中にあって現在ある氷川神社も同じような場所にあります。
また、氷川神社は水の神様だったという説もあるようで、江戸中期まで存在していた見沼という広大な沼の畔にあり、見沼の水神を祀っていたと。
何にせよ、今では想像もできないような台地と水の関係は古にはあったのでは無いかな?なんて思ったりします。
ちなみにウィキペディアには「アラハバキ」が祀られていたという事が書いてあります。「アラハバキ」は民間信仰としてあったもののようです。
そんな説も大昔の日本が分かれば色々と見えてくるのでしょうけれど、今はロマンの一つという事でしょうか。

c0365516_20381470.jpg

それにしても、大宮氷川神社はとても力がある神社なのでしょうか?
その時代の武将達はこの大宮氷川神社を参拝しているようです。
古くは日本武尊の東夷鎮定の祈願に始まり
出雲族の武蔵国造、源頼朝の社殿再建
聖武天皇が武蔵一宮と定め
その他にも平貞盛、徳川家康と蒼々たる面々が名を連ねます。
明治以降も天皇の御親拝などは続いているようですね。
面白いのは東北新幹線開業を祝い、この年から薪能が毎年5月に催されている事です。
昔からそうなんだでは無く、その大きな事業というものが、どの時代にもあって、そこに関わる神事のようなものが存在するという事
昔とか今とかの区切りを無くして見せる一つの方法だと思ったりします。








[PR]
by furusatodiscovery | 2015-04-26 20:40 | 埼玉
<< 伊豆高原の結婚式、その地はとて... 諏訪の地は、山がいい。 >>